肉離れ
先日、サッカーの試合中に肉離れを起こしてしまった方が来院されました。

前回のブログでご紹介した選手から勧められて来院されたとのことです。

肉離れと聞くと、筋肉が何か分離するようなイメージがありますが、実際には、一部の筋肉が断裂しています。

私も経験があるんですが、「ぶちっ」といった鈍い音がする感じがします。

この切れた筋肉は、もうくっつくことはありません。
整形へ行っても、手術で付けることができないので、湿布を渡されるだけです。

筋肉が切れているのに、なぜ整体で改善されるのでしょうか?
それは、痛みが出ている場所は、切れた筋肉そのものではなく、切れていない筋肉からだからなんです。
断裂したときに、切れた筋肉に一瞬痛みが出るんですが、その痛みのせいで、切れていない筋肉が異常に緊張するんです。
その緊張のために痛みが出てしまい、その痛みのためにさらに緊張し、なかなか痛みが取れないんです。
ですから、その緊張した筋肉を緩めてあげると意外と簡単に痛みが取れてしまいます。
今回も1回の施術で痛みが消え、監督にバレずに済みました。^^

コスモス1117-2.jpg


静岡市葵区の整体院:腰痛、肩こり、しびれ、オスグット等でお困りの方は「あおい回復堂」へ

うれしいお便りをいただきました。
先日施術した中学生のお母様からうれしいお便りを頂きました。

以下に全文を紹介させていただきます。

あおい回復堂様
お世話になります。先月施術して頂いた○○と申します。
その時は遅い時間にも関わらず治療をして頂きありがとうございました。
2ヶ月位前から股関節の痛みに悩まされ、整形外科や整体、気功など、あらゆる所に行きましたが原因もはっきりせず、痛みも取れませんでした。
サッカーをしていて、本人なりにこれからが大事な時期なので、練習、試合は休みたくないと言い、騙し騙し続けていましたが、しまいにはこちらに伺う前には痛みで自転車もこげなくなっていました。。
親としては本当は休ませて治療に専念した方が良いと思っていましたが、本人の希望を聞くとそうも言えず・・・。
インターネットでこちらを見つけて藁をも縋る思いで伺いました。
急な問い合わせでしたが、その日に見て頂き、3日間遅い時間にも関わらず施術して頂き、何日かは痛みは残りましたが、徐々に良くなり、今はボールも思い切り蹴れるようになりました。
正直、何処に行ってもダメだったので半信半疑でしたが、施術の時の痛みもなく、寝てしまうぐらいリラックスして受けれて、良くなったので本人共々喜んでいます。
姿勢の悪さなど、これから日々の生活の中で気をつけなければならないと思いますが、本人もまた行きたいというので、定期的に伺えればと思います。
その時はまたよろしくお願いします。ありがとうございました。
                       ○○

このようなお便りは、本当にうれしいですね。
この方は、プロを目指しているサッカー選手です。
ケガが監督にばれるとレギュラーを外されてしまうので、痛みに耐えながら練習や試合を続けていたそうです。
お便りの中にもありましたが、施術をしていて私もはっきりとした原因がつかめませんでした。
肉離れにしては痛みが出ている期間が長すぎます。
オスグットのような筋肉の剥離では場所が少し違いますし範囲も広すぎました。
ですから、施術方法も今までとは違う新しい方法での施術になりました。
3回の施術で痛みがほとんどなくなり、週末の大事な試合に間に合いました。

サッカー股関節痛.jpg


静岡市葵区の整体院:腰痛、肩こり、しびれ、オスグット等でお困りの方は「あおい回復堂」へ

研修会
日曜日に研修会を行いました。

以前関西方面で行っていたのですが、関東方面の先生から、是非やってほしいと依頼を受けまして、急遽「あおい回復堂」での研修会となりました。

今回は、最近発見した、非常に簡単に筋肉が緩む技をメインに紹介しました。
あまりにも簡単に緩むので、「今まで一生懸命にやってた技は何だったんだ」と感想を述べられた先生もいらっしゃいました。

今回も、予定時間を大幅に過ぎてしまいましたが、皆さんとても熱心に話を聞いていただき、楽しく和気あいあいとした雰囲気で研修会を終えました。

8時間ほぼしゃべりっぱなしだったので、翌日の施術はちょっと無口になってしまいました。^^;


近くの田んぼにコスモスがたくさん咲いていました。
コスモス1117.jpg

脊柱管狭窄症と脊柱管狭窄状態
当院には、「病院で脊柱管狭窄症と診断されました」と言う方がよくお見えになります。

脊柱管狭窄症とは、背骨(椎骨)に縦にあいている穴(頭から尾骨の方まで神経を通すために開いている穴)が狭くなる病気です。
この穴が狭くなると、神経に触れてしまい、それが腰で起こると、腰痛、足のしびれや痛みになります。
でもこの病気は非常に珍しく、当院にお見えになる方でも本物の狭窄症の方は、ほどんどいません。
MRIの写真を見せていただくとすぐにわかるんですが、穴が小さくなっているのではなく、上の椎骨と下の椎骨が前後にずれていたり、ねじれていたりして、結果として神経の通り道が狭くなっているだけでも「脊柱管狭窄症」と診断されることが多いんです。

病院によっては、これを「脊柱管狭窄状態」としているところもあります

本物の狭窄症の場合は、当院でも治すのが難しいんですが(フロッシングという自己療法の指導は可能です)ただのずれによる狭窄状態であれば、それほど難しい施術ではありません。

今日お見えになった方も、頚椎の脊柱管狭窄症という診断名でした。
頚椎を確認すると、C5(上から5番目の首の骨)が左に大きくずれていました。
施術前は、肩から腕にかけて痛みがあり、手のひらの感覚が鈍っていましたが、このずれを修正しただけで、痛みは消えました。
(手のひらの感覚は、戻ってきましたが、一回の施術では完全には良くなりませんでした。)

手術を考えていたようですが、1回の施術でかなりの改善が見られ、また年齢も78歳なので、手術後の体力低下のことも考えると、手術しない方がいいと思いました。

脊柱管狭窄症と言われ、手術しか解決できないと諦めていらっしゃる方。
是非一度当院の施術を受けてみて下さい。

手首の腱鞘炎(けんしょうえん)
先日お見えになった中学生は、野球部のレギュラーです。

2週間ほど前から、バットを振るときに左手首に痛みが出ました。
病院へ行くと腱鞘炎という診断で、3週間休みなさいと言われたそうです。
でも、土曜日に大事な試合があり、休むわけにはいかないので、何とかしてほしいと来院されました。

手首や指に痛みがあると病院ではすぐに腱鞘炎と診断しますが、湿布をもらい安静にして下さいと言われることがほとんどではないでしょうか?
手術という方法もあるようですが、腱鞘(腱が飛び出さないようにおさえているベルトのようなもの)を切ってしまう手術もあるようで、その後のことを考えるとあまり勧められません。
また、腱鞘炎の場合、ほとんどの場合、痛みの出ている場所が痛みの原因ではないので、そこを手術するのは間違いだと考えています。

それでは、何が原因なのでしょうか?
腱鞘炎の解説されているサイトを見ると、「手の酷使により、腱と腱鞘に摩擦が起きて炎症になる」と言う解説が多いですが、手に負荷をかけて摩擦が起きるだけでは、腱鞘炎にはなりにくく、実はもう一つ条件が重なると発症することを突き止めました。

それは筋肉の張りなんです。
腱鞘炎になっている人は、前腕、上腕、脇の下のどこかに異常に張っている部分があります。(押すとものすごい痛みがあるのですぐにわかるんですが、腱鞘炎になっている部位によって変わってくるので、説明は難しいです。)
今回の中学生は、前腕と脇の下に痛みがありました。
施術によりその痛みを取り除くとほとんどの痛みは取れましたが、まだ手首の曲げ方により痛みが出ました。

その場合、異常な張りによって関節の動きがおかしくなっていることが多く、手首の関節を調整することで、痛みは完全に消えました。
今回の施術で、痛みの出ていた場所を直接施術したのは、この最後の数分のみでした。
つまり原因は、ほどんどが他の場所だったと言うことです。
西洋医学では、痛い場所だけを調べることが多いですが、全身のバランスを見ることは非常に大切なんです。

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52