足底腱膜炎
先日、足底腱膜炎の高校生が来院されました。

足底腱膜炎は、足の裏にある足底腱膜が炎症を起こし痛みが出ます。
いろいろな原因がありますが、この高校生の場合は、部活で走り込んだために起こってしまったようです。

土踏まずが腫れて歩くのも大変なくらい痛かったそうです。
整形外科で足底筋膜炎と診断を受け、塗り薬をもらったとのこと。

走り込みが原因だとすると、足の骨のずれを修正し「ふくらはぎ」の張りを取る必要があります。

足の骨は、特に中足骨、距骨下関節、舟状骨、楔状骨のずれを正確に修正していきます。
ふくらはぎは、押すと痛みがあったので、腓腹筋、ヒラメ筋をゆるめました。
施術中にどんどん痛みが取れていき、15分後には完全に痛みも腫れも無くなりました。
「ふしぎ~」と思わずいってしまうほど簡単に痛みが取れました。(ご本人は部活がサボれなくなるのでちょっとがっかりもしていました^^;)

塗り薬だけでは、こうはいかなかったと思います。
走り込むことによって、足に何が起きているかをイメージしながら施術することが大切なんです。

木彫り.jpg

痛みを探さないということ
当院で施術を受けた方に、施術後の注意事項が書いてある「施術のしおり」をお渡ししています。
その中に「痛みを探さないでください」と言う記述があります。

今日は、そのことについて説明したいと思います。

痛みを探す事は、なぜ良くないのでしょうか?

肩の痛みを例にして解説します。
肩の痛みがある場合、肩関節が正しい位置で動いていない事が原因であることが多いんです。
ほとんどの場合、肩甲骨についている上腕骨が少し下方に引っ張られたまま回転運動をしています。
下方にずれたまま腕を動かすと、肩の上側や前側に痛みが出ます。
痛みの原因となっている下方のずれを解消し、痛みが出なくなった後にどう考えるかによって、良くなる早さが違います。
「間違った位置で動かさないように気をつけよう」と考える人は、治りが早いんですが
「でも、こう動かすと、まだ痛いんですが。」と、また間違った位置で動かそうとする人がいます。
こうすると、間違った位置での動作を脳が再度学習してしまい、治りが遅くなるんです。

決して、「治っていないことがばれると困るから」が理由ではありません。
^^


昨日は、日曜大工をしました。
我が家の子供部屋は、2人で1部屋を使っているのですが、最近長男が、部屋を分けてほしいと訴えるようになり、部屋に壁を作ろうと大工仕事を始めました。
とりあえず昨日は、柱を買ってきて鉋がけをしました。
ベランダがかんなくずでとんでもないことに・・・
鉋.jpg

余った木で靴べら立てを作りました。
靴べら立て.jpg

ふと西の空を見ると夕焼けがきれいでした。
夕焼け.jpg

個人輸入に挑戦してみました。
15年ぶりの円高も最近少し落ち着いてきたようですが、この恩恵にあずかろうと個人輸入に挑戦してみました。

今回のターゲットは、太陽望遠鏡!
太陽を見るための専用望遠鏡なんですが、アメリカのショップだと日本の半額で買えるんです。
(なんと飛行機に乗ってアメリカまで買いに行ってもおつりが来ます。)
前からほしいなあと思っていたらそのメーカーが大幅に値下げをしてさらに円高なのでこれは行くしかないってぽちってしまいました。

購入したサイトは「OPT」という望遠鏡を専門に扱っているサイト。
品物は「Coronado SolarMax II 60 H-Alpha Solar

新しいアカウントを作成し、カード番号を登録して「購入」ボタンをクリックしたんですが、ここで問題発生。

「この望遠鏡のメーカーは、アメリカ国外には出荷できません。アメリカ国内もしくは米軍キャンプになら発送可能」との連絡が。

アメリカには知り合いがいないし、もちろん米軍キャンプにもいません。
半分あきらめかけていたら、「Spear net」というサイトを見つけました。

ここは輸入代行をしてくれるサイト。しかも手数料わずか$7。
あまりの安さに少々不安だったのですが、ユーザー登録をするとすぐにアメリカの住所を発行してくれます。その住所宛に品物を送ってもらうと日本へ転送してくれます。
こんなイメージです。
Spear net.jpg

望遠鏡の在庫がなかったので、日本に届くまで約1ヶ月かかりましたが、問題なく届きました。
coronado.jpg

コンデジで撮影したのでちょっとぼけていますが、こんな風に見えます。
sun.jpg
太陽から吹き出すプロミネンスの形が毎日変化し見ていて飽きないです。
本当はこんなのが見えないかと期待していたんですが、さすがにここまではきれいに見えませんでした。
http://www.youtube.com/watch?v=Lmm3J0WAres&feature=related

アトピー性皮膚炎
今日はアトピー性皮膚炎の改善例をご紹介致します。

整体でなぜアトピーが改善するのかとよく質問を受けます。

アトピーの原因は、アレルギー、遺伝、環境等いろいろと言われていますが、まだ原因がはっきりわかっていないようですね。

当院では、原因の一つに、脊椎の歪みと、皮膚の硬直があるのではないかと考えています。

下記の写真は、小学生ですが、大腿部の裏側に、当初は痛くてさわれないほど皮膚がひび割れている部分がありました。(2010年6月5日撮影)
アトピー100625.jpg

2010年7月5日(施術2回目)には、赤みが引いてかゆみもかなり減っていました。
アトピー100705.jpg

20010年7月30日(施術3回目)にお見えになったときには、ほとんど気にならないほど改善していました。
アトピー100730.jpg

この小学生のお母さんは、ステロイド剤の副作用やリバウンドが怖いために、天然成分由来の保湿剤のみを使用していました。(今回の施術期間中も保湿剤のみ使用)
バスケットをやっていたこのお子さんは、夏になり汗をかき、かゆみが増し、寝ている間に掻き壊してしまい来院されました。
当院では、脊椎(特に頸椎)を正確に修正し、硬直した皮膚を柔らかくしていく施術に加え、食生活を改善していただくことで、今回ご紹介したように改善することがあります。

安倍の大滝
今日、安倍の大滝まで紅葉を見に行ってきました。

安倍の大滝は、安倍川の最上流部、梅ヶ島温泉の近くで、三河内川の支流サカサ川にある滝です。

滝までは川沿いの道を30分ほど歩いていきます。
車は、梅ヶ島街道沿いにある「旅館よしとみ荘」に止めることができます。1日¥300です。
_MG_3731.JPG

よしとみ荘のすぐ上に安倍の大滝への入り口があります。
湯の華の看板が目印です。
注)ネットで安倍の大滝を検索すると、この湯の華という旅館に駐車できると書いてありますが、実際は駐車できませんでした。
_MG_3729.JPG

途中吊り橋がいくつかあるのですが、この橋が一番ゆれて怖かったです。
一人ずつしか渡れないので、反対側からたくさん人が渡り始めると渋滞?します。
_MG_3637.JPG

大滝へ行く途中で、山の頂上付近がきれいに色づいていました。
_MG_3651.JPG
_MG_3662.JPG

苔むした古木もいい感じです。
_MG_3692.JPG

安倍の大滝は、落差80mもあり、日本の滝百選にも選ばれています。
水しぶきがすごくて、迫力満点です。
_MG_3678.JPG

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52