アマゴ釣り
昨日は、藁科川の上流へアマゴ釣りに行ってきました。

場所は、藁科川の支流で、諸子沢という沢です。
昨日も静岡は暑かったようですが、ここは涼しくてとても気持ちよかったですよ。

諸子沢は藁科川の支流の中でも渓相がよく、渓流釣りでは人気があります。
amago1.jpg

自然の中に一人身を置くと、何ともいえずいい気分です。

堰堤の下はポイントになっている事が多いです。
amago2.jpg

まずまずのサイズのアマゴが釣れました。
amago3.jpg
皆さんアマゴとヤマメの違いってご存じですか?
外見はほとんど同じなんですが、模様に朱色の小さい点があるものがアマゴ、無いのがヤマメです。写真ではわかりにくいかもしれませんが、一番下の魚は、朱色の点々がわかると思います。写真をクリックして拡大してみてください。

オスグット病
昨日お見えになった少年は、オスグット病と言われる膝痛で1年も苦しんでいました。

病院に行っても湿布薬をもらうだけで、他に手立てがありませんと言われていたそうです。
1枚目の写真のようにしゃがむ動作をしたり、膝の部分を押すと痛みが出ます。
施術前は、これ以上しゃがむと痛みが出ていました。
osgood1.jpg

でも施術後はこの写真のように勢いよくしゃがんでもOKです。
osgood2.jpg

ご本人もうれしくて何度もしゃがんでいました。

オスグット病は、体が硬く、サッカーなどをしているお子さんがよく発症します。
太ももの筋肉が縮んでいる上に、ボールを蹴る動作を繰り返すと脛骨上部(膝のすぐ下の部分)に負荷がかかりすぎて、痛みとして表れます。

予防方法は、運動前と後の十分なストレッチにつきます。最近は椅子での生活が主で、畳の上で正座をするような事がほとんど無くなってしまった事、トイレが洋式でしゃがむ事が無くなった事も原因の一つです。つまり太ももの筋肉(大腿直筋)を完全に伸ばす事が日常生活の中で無くなってしまったのです。一度お子様が無理なく正座をすることができるか確認してみてください。

病院では湿布以外に手立てがないかもしれませんが、当院では意外と簡単に改善します。
今回も1回で終了です。^^

東京国際ミネラルフェア
今日は東京国際ミネラルフェアに行ってきました。

新宿の小田急第一生命ビルの1階で毎年この季節に行われています。
このフェアの魅力は、博物館ではケースの中に入っていて外から眺めるだけの化石や鉱物を実際に手にとって見る事ができ、気に入れば、安価にて購入できる事です。
このアンモナイトは¥4,000でした。
anmonaito.jpg
興味がない人はそれでも高いかもしれませんね。
アンモナイトを買ったのはこのおじさんからです。
minerarufair.jpg
国際と言うだけあって、海外からの出店が非常に多いんです。

そのほかに隕石(正確には隕鉄)や
inseki.jpg

紫外線を当てるときれいな緑色に光る部分が表れるオイル入り水晶
Quartz.jpg
Quartz1.jpg

虫入り琥珀(これは正確には琥珀ではなく、もう少し年代の新しいコーパルというもので、数万年前までの比較的新しい樹脂が固まったものです。よくこれを琥珀と言って売っている事があるので注意が必要です。コーパルですと、1袋に数十個入って¥500で売られていて、長男はいつもヤスリで磨いて中の虫を探し出す事を楽しみにしています。)
kohaku.jpg

等を購入して帰ってきました。
子供たちにも好評で、インフルエンザが不安だった昨年は行かなかったのですが、ほぼ毎年通ってます。^^




今日は近所のおじいちゃんと鮎釣りに行ってきました。

鮎釣りというと友釣り(おとりの鮎を縄張りに泳がせて、攻撃してくる鮎を釣る釣り方)が有名ですが、今回は、えさ釣りです。
友釣りは1度だけやった事があったんですが、えさ釣りは今回が初めてでした。
えさは、「ゆでしらす」を使います。わずか3mmぐらいの小さな針にしらすをちぎってつけるのは一苦労でした。
こんな小さな針に
ayu1.jpg
こんなふうにシラスをつけます。
ayu2.jpg

今回えさ釣りを教えてくれたおじいちゃんは、82歳なんですが、器用にこの小さな針にえさをつけていました。本当に元気なおじいちゃんです。

わずか3時間あまりでしたが、釣果は2人で48匹も釣れました。おじいちゃんに「あんたはうんがいい」と言われました。

釣れたばかりの鮎はとてもきれいです。
ayu.jpg


世界を救う未来の食べ物???
先日長男が研修旅行で東京に行って来ました。帰ってくるなり、「いいお土産があった」とにこにこしながら取り出したのが、なんと「ミドリムシクッキー」なるもの。

midorimusi1.jpg

ミドリムシと言えば、理科の時間に習ったしっぽの生えた植物プランクトンのはず。
箱に書いてある説明書きを読むと、粉末状にしたミドリムシがクッキーの中に入っているとの事!!

ではなぜ「ミドリムシクッキー」が世界を救うのかというと、二酸化炭素を吸収し、温暖化対策になる上に、水と栄養塩、光だけでビタミン、ミネラル、アミノ酸、DHAなどの不飽和脂肪酸等を豊富に含んだバランスのとれた栄養素を作る事ができるからだそうです。
また、ミドリムシからバイオ燃料を作る計画も進んでいるそうです。

midorimusi2.jpg
このクッキーに二億匹のミドリムシが入っているそうです。
味は予想に反して、非常に美味しかったです。
お台場の「日本科学未来館」で購入できます。

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52