野菜ジュース
先日ジューサーを購入しました。

それも低回転ジューサーというやつ。
高速回転のジューサーに比べ、栄養素や酵素が壊れにくいらしいです。

とりあえず、にんじん、リンゴレモンを搾ってみました。
左から絞りかす、右からジュースが出てきます。
ジューサー.jpg

市販の野菜ジュースをよく飲んでいたのですが、農薬や化学肥料などが心配だったので、ちょっと高価だったのですが、自分で絞ることにしました。

味は予想に反して、とてもおいしかったですよ。もう市販のジュースには戻れないって感じです。
ジュース.jpg

大鐘家の紫陽花祭り
今日は、牧ノ原にある大鐘家へアジサイを見に行ってきました。

大鐘家は、福井県丸岡城の城代家老、大鐘藤八朗貞綱が遠州相良に移り構えた屋敷で、現在、長屋門、母屋が、国の重要文化財に指定されています。
1万坪の敷地内に、アジサイ1万2千本が植えられています。

ここの紫陽花祭りは5月下旬から7月上旬まで開催されています。

きれいな紫陽花をたくさん見たら、紫陽花の花がほしくなってしまい、吉田インターのそばにある花屋さんで、3株も買ってしまいました。(^^;)

P6191475.jpg
_MG_4608.jpg
_MG_4615.jpg
_MG_4619.jpg
_MG_4626.jpg
_MG_4666.jpg
P6191420.jpg
P6191462.jpg

ぎっくり腰
今日ぎっくり腰の方がお見えになりました。

ぎっくり腰は、なぜ起こるのか、よく質問されるので、ちょっと説明したいと思います。

人間の筋肉は、多少の疲れでは、「疲れたよ~」とは言いません。
ちょっとの疲れでそんなことを言っていたら、全身疲れで動けなくなっちゃいますからね。

ですから、疲れていても少しぐらいなら感じないようになっています。
じゃあいつ感じるのかというと、これが個人差があって、人によって違うんです。
それなら、我慢強く、あまり疲れを感じないほうがいいように思いますが、実はそういう人ほどぎっくり腰になりやすいんです。

人間の体は、筋肉の疲労が限界に達すると、断裂を防ぐために筋肉を緩めてしまうんです。
疲れを感じない人ほど、限界ぎりぎりまで疲労を貯めてしまいます。
そうすると、ちょっとしたことで限界を超えてしまい、筋肉を緩めてしまいます。

骨というのは、靭帯だけではなく、筋肉によっても支えられているので、骨盤の周りの筋肉がゆるんでしまうと、仙腸関節(腰椎の下にある逆三角形をした骨「仙骨」といわゆる骨盤「腸骨」をつないでいる関節)がずれちゃいます。
その時に強い痛みが出て、あわてて筋肉を再度緊張させて「ずれ」を固定します。
これがぎっくり腰の仕組みです。

よって、ぎっくり腰の施術は、いかに正確に「仙腸関節のずれ」を把握するかが重要なんです。
今日お見えになった方は、左腸骨が上方に上がると同時に、仙骨の右側が後方にねじれ、さらに左に傾いていました。
とても複雑なずれでしたが、これさえわかれば、あとは元に戻すだけです。
骨の形がきれいに整ったところで痛みを確認すると、痛みはなくなったが、左臀部に違和感がまだ残っていました。
最後にその違和感を取り除いて、無事終了です。

アユ釣り
今日はアユ釣りに行ってきました。

安部川は、6月からアユ釣りが解禁になります。
ことしのアユは、成長が遅く、友釣りでも小さいサイズしか釣れないそうです。

私は餌釣り専門で、友釣りよりもさらに小さいサイズしか釣れません。
でも、友釣りより圧倒的にたくさん釣れるんですよ。

今日の釣果は25匹でした。
ayu.jpg

東京国際ミネラルフェア
今日、東京国際ミネラルフェアに行ってきました。

昨年も、このブログでご紹介したのですが、今年も懲りずに行ってきました。

化石、宝石、隕石、鉱物標本等を手に取ってみることができ、安価で購入できるところが魅力なんですよね。


それほど大きくないスペースなんですが、150店位のお店が出店しています。
zennkei.jpg

三葉虫などは、博物館級のものまで販売されています。
中央の三葉虫は¥110,000の値段が付いていました。
sanyoutyuu1.jpg

紫外線をあてると綺麗に光る石もあります。
ishi.jpg

kanran.jpg

長男は、三葉虫に興味があり、こんなのを買っていました。
sanyoutyuu2.jpg

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52