気の使いすぎ
肩こりと頸痛でお見えになったYさん

肩から首にかけてガチガチの状態で、風邪も引いていらっしゃいました。

施術を始め、こちらが腕を回すとYさん自ら腕を動かしてしまいます。
足を左右に振ってもすぐにYさんが自分で動かしてしまいます。
「力を抜いてくださ~い」と言ってもどうしても抜けないんです。

体調を崩される方に、Yさんのように力が抜けない方がとても多いんです。
また、このような方は、普段から周りにとても気を使っているみたいです。
気を使いすぎる方は、絶えず周囲のことに気を配り、そのためにリラックスできず、体調を崩していることがあるんです。

Yさんは、ご主人には気を使わないそうですが、他の人には、ものすごく気を使っているとおっしゃっていました。

Yさん「そんなことまでわかるんですね」

私  「ええ」

Yさん「それじゃあ、たまに抜けてることがあるんですが、それもわかるんですか?」

私  「いやー そこまでわかったら神の手ですよ」

施術を終えて「初診は¥5,000です。」と言うと

Yさん「あっ、お財布に3千円しかないっ!」

タイムリーに証明してくださいました(^^;)

<<気の使いすぎ(その2) | 日本一のお茶 >>